らくてん会

らくてん会は西成寄席のお世話とアマチュア落語・演芸のサークルです。

てんのじ村寄席・Tennoji Community Rakugo Performance
 いま大阪の観光ゾーンとして最も注目されているのが新世界・天王寺・阿倍野地区。 そのすぐそばにあって昭和の庶民の生活風情が色濃く残る西成区山王の地に、日本の伝統芸能で世界的にもユニークな話芸、落語を外国からのお客さまにも披露する拠点をめざして、「てんのじ村寄席」を開設、当らくてん会もその運営の一翼をにないます。
 「
てんのじ村寄席 」の名称は、かつてこの山王の地に多くの寄席芸人が住まわれ、てんのじ村と呼ばれたことにちなむものです。地域の皆さんにも楽しんでいただけるアマチュア落語の拠点としても活用してまいります。
                        
                                      
詳細は「てんのじ村寄席」ホームページへ
(次回の日時・演者・演目などは下の「活動」欄かトップページの「お知らせ」をご覧下さい)

◎「てんのじ村寄席」の概要
◇と き  Tennojimura-yose English Rakugo は、第1回をテスト公演とし、その
     結果をふまえて定期開催をめざします
(平成25年度は10月、12月、2月の隔月開催
       を予定)

◇ところ  山王福祉会館
       大阪市西成区山王2丁目13番(下図参照)
        地下鉄「動物園前」駅(②番出口)から
          動物園前1番・2番商店街を南下、スーパー玉出の手前で山王市
         場通商店街へ左折、スーパーとよしまやの西辻を右折、南へすぐ
         (徒歩約10分程度)      
詳細は「てんのじ村寄席」ホームページへ
        地下鉄・JR「天王寺」、近鉄「阿部野橋」駅から
          ViaあべのWalk・あべのマルシェ~新開筋・新開筋中央商店街
         を経て、阪神高速道路沿いから西へ1本目の辻を北へすぐ
          (徒歩約15分程度)        
◇入場料  Tennojimura-yose English Rakugo は第2回から500円(第1回無料)

      
アマチュア寄席(日本語)は無料
      
           

◇主催 Tennojimura-yose English Rakugo:「てんのじ村寄席」英語落語の会実行委員会
     <構成団体>NPO法人伝統文化みおつくし倶楽部、
           地縁法人大阪市西成区山王第8振興町会(山王福祉会館)、
           らくてん会、英語落語道場にぎわい堂

    他の催しは、それぞれ別の主催者があたり、当らくてん会主催によるアマチ
   ュア落語会も行います。
     
◇協力団体 ステージアローン、ホテル中央グループ、オールスター大阪ウォーク外
    
    
詳細は「てんのじ村寄席」ホームページへ

活動

◇第15回「てんのじ村寄席・寿恵広ガロ落語会」  (令和3年8月8日)

◇と き  令和3 年8月8日(日) 午後2時開演 (午後1時30分開場)

◇ところ    山王福祉会館 (大阪市西成区山王2丁目13番)    

       詳細はてんのじ村寄席ホームページへ(http://tennojimura-yose.rakutopia.jp)

◇入場料  無料

◇番 組       唐亭一寸風「つる」/ 五月家安庵「明石飛脚」/ 隣乃玄関「禁酒関所」(仲入)/ 華乃ひかる「動物園」/ らくてん亭水車「こてこて劇場・男の花道」(桂三枝・作)/(三味線)まきぞう

今回は新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言下、収容率50%以内など大阪府のイベントに関する要請に即して種々対策を講じての開催です。
 少人数ながら熱心なお客様にご来場いただき、演者にとっても久しぶりの高座でそれぞれ精魂込めた口演となりました。安庵さんんが初出演。まきぞうさんの三味線に祭蝶さんの笛も入いったハメモノに乗って「明石飛脚」のかなり長いバージョンを気持ちよさそうに演じました。>

 

 

◇第2回「てんのじ村寄席・らくてん会の会」  (令和3年7月18日)

◇と き  令和3 年7月18日(日) 午後2時開演 (午後1時30分開場)

◇ところ    山王福祉会館 (大阪市西成区山王2丁目13番)    

       詳細はてんのじ村寄席ホームページへ(http://tennojimura-yose.rakutopia.jp)

◇入場料  無料

◇番 組       唐亭一寸風「青菜」/ 五月家安庵「手水廻し」/ らくてん亭水車「こてこて劇場・男の花道」(桂三枝・作)/ (仲入)/ 猪名川亭青波「三味線漫談」/ 一山亭南坊「千両みかん」

定例の「らくてん寄席」の会場=西成区老人福祉センターがコロナワクチンの接種会場となっているため、代わりに山王福祉会館で臨時開催しました。
 らくてん会としては、本年2月の「らくてん西寄席」以来ひさしぶりの落語会です。コロナ禍が始まって以来、当会の落語会は実施できてもすべて登録者のみに案内し事前予約制をとっているため、ホームページでの事前告知もいたしませんでした。
 今回から、五月家安庵さんが当会のレギュラー・メンバーになりました。安庵さんに加え、ゲストの猪名川亭青波さん、三味線の猪名川亭あん光さん、それに水車も池田の落語みゅーじあむ受講生という、池田色いっぱいの回となりました。>

◇第14回「てんのじ村寄席・寿恵広ガロ落語会」  (令和2年12月20日)

◇と き  令和2年12月20日(土) 午後2時開演 (午後1時30分開場)

◇ところ    山王福祉会館 (大阪市西成区山王2丁目13番)    

       詳細はてんのじ村寄席ホームページへ(http://tennojimura-yose.rakutopia.jp)

◇入場料  無料

◇番 組       七福亭茶錦「浮世根問」/ 華乃ひかる「餅屋問答」/ らくてん亭水車「二番煎じ」/ (仲入)/ 唐亭一寸風「上燗屋」/ 柱祭蝶「天狗裁き」

<今回も案内先を登録されている方々のみにご案内し、事前予約制で実施しました。新型コロナウイルス感染症の赤信号がともるなか、主催者として精一杯の対策を講じての開催です。入場者数制限、マスク着用・手指消毒、常時換気など前回からの対策に加えて、体温測定、高座にアクリル板のパーテーション設置など新たな対策も施しました。
 お客様には、常時換気で寒いなかを屋外と同じ服装で鑑賞いただき、途中携帯カイロを配らせてもらいました。また途中アクリル板への天井照明の映り込みに気づき、仲入りからのち一部照明を消すことも。
 こうした厳しい条件のなかでしたが、アンケート結果をみれば内容の評価として「大変よかった」がこれまで最高の割合となり、お客様から励まされご祝儀をいただいた気持ちです。>


 

 

◇第13回「てんのじ村寄席・寿恵広ガロ落語会」  (令和2年7月4日)

◇と き  令和2年7月4日(土) 午後2時開演 (午後1時30分開場)

◇ところ    山王福祉会館 (大阪市西成区山王2丁目13番)    

       詳細はてんのじ村寄席ホームページへ(http://tennojimura-yose.rakutopia.jp)

◇入場料  無料

◇番 組       一山亭一寸風「犬の目」/ 唐亭一寸風「天災」/ 隣乃玄関「荒大名の茶の湯」/ (仲入)/ 悠々亭伸輔「疝気の虫」/ らくてん亭水車「軒づけ」

<小雨が降ったり止んだり、あいにくの空模様の7月4日の土曜日に、第13回の「てんのじ村寄席・寿恵広ガロ落語会」を開催しました。
はじめての事前予約制。座席数をいつもの半分にし、空調をかけつつ窓は常時開け放ち、お客様にはマスク着用、入り口での手指消毒をお願いしました。幸い気温がさほど上がらず外からの風も適当によく通り、落語を聴く環境としてまずまずでなかったかと思います。
演者と客席との距離も何とか3メーター程度離すことができましたが、水車の「軒付け」は爆発的大音声が売りのため、途中3カ所ほど、とっさに口の前を透明の下敷きで遮るという芸当をしました。お客様の興を削ぐリスクもあったと思いますが、結果は大爆笑につながりよかったです。
開場前に、座席や扉の取っ手、トイレの手すりや便器など要所要所を効果持続性の除菌剤で拭いておきましたので、後の片づけはいつもどおりで済ませ、いそいそといつものアジア料理のお店へ。>

 

 

 

› more