らくてん会

らくてん会は西成寄席のお世話とアマチュア落語・演芸のサークルです。

西成寄席
◎「西成寄席」の概要 (平成29年度)
  
  
(次回の演者・演目などはトップページの「お知らせ」をご覧下さい)

◇と き  平成29年5月26日 8月25日 11月24日 ・ 平成30年2月23日
 (予定) 5月、8月、11月、2月の最終金曜日、午後6時30分開演(30分前開場)
    (これまでより開場・開演時刻が15分遅くなっていますのでご注意下さい)

◇ところ  西成区民センター 2階           
       大阪市西成区岸里1-1-50 (下図参照)
        地下鉄・四つ橋線「岸里」東へ徒歩1分、
        地下鉄・南海電車「天下茶屋」駅南へ徒歩5分

◇入場料  1,300円(65歳以上・身体障がい者手帳等をお持ちの方は800円)

問い合せ先 大阪市コミュニティ協会西成区支部協議会
              
(西成区民センター1階コミュニティ事業事務室)
        ℡ 06-6652-8461  Fax 06-6652-8462

          


活動

◇第94回「西成寄席」                 (令和元年8月30日)

  •  と き   令和元年8月30日(金) 午後6時30分開演 (45分前開場)
  • ところ   西成区民センター 2階会議室                 
  • 入場料
    1,300円
    (65歳以上・身体障がい者手帳等をお持ちの方は800円)
  • 番 組
    「桃太郎」     桂 慶治朗
    「稲荷俥」     笑福亭呂好
    「植木屋」     桂 春若
    <仲入り>
    「野晒し」     桂 福矢
    「宿屋仇」     露の新治

    <あいにくの雨模様、とくに開演まで1時間ほどの間は雷まじりの猛烈な雨脚となり、お客様の入りはいつもの半分ほど。それでもお越しいただきましたお客様は本当にありがたく、出演落語家さんも口々に感謝のことばを述べておりました。
     なかでも目立ったお客様がお二人。一人はお祖母さんに連れてきてもらったとみえる小学校の高学年らしいお子さん。ふつうお子さんの来場は演者には歓迎されないところですが、この君は落語をしっかりと聴きここぞのポイントでよく笑ってくれる、むしろ演者を乗らせてくれる誠に上等のお客様でした。そしてもう一人も当寄席には珍しい妙齢の方。容姿端麗、服装も垢抜けして美しい、ちょっとそこにもここにも居るという様子ではない女性。よく笑われ、また時には身を乗り出すようにして聴き入り見入っておられる。ウ~ンただ者ではない。あとで福矢師に伺ったところでは、某テレビ局のアナウンサーさんとのこと。落語にも興味があられ勉強をかねてではというのが当方の勝手な推測です。
     このお二人をはじめお客様の反応の良さに励まされて、はじめは初出演の日がドシャ降りの雨と嘆いておられた新治師匠の「宿屋仇」は40分に及ぶ熱演となり、予定の時刻を大幅に超えての終演となりました。
     あとの打ち上げでは、東京でもよく演じられる新治師匠をまじえてのこと、東京の落語家さんのことが多く話題に上りました。東京には年間900回高座をつとめる落語家さんが相当数いるとのこと。上方では多い人でせいぜい年間300回。落語家の育ちようが違うとは、誠につらいお話です。>


◇第93回「西成寄席」                 (令和元年5月31日)

  •  と き   令和元年5月31日(金) 午後6時30分開演 (45分前開場)
  • ところ   西成区民センター 2階会議室 (大阪市西成区岸里1-1-50)                  
  • 入場料
    1,300円(65歳以上・身体障がい者手帳等をお持ちの方は800円)
  • 番 組
    「手水廻し」    桂 恩狸
    「そこつ長屋」  笑福亭喬若
    「三十石」     桂 春若
    <仲入り>
    「権兵衛狸」     露の吉次
    「夢の酒」     林家染二

<第1回から古典落語を基本とした番組編成を貫き、それでいて多彩な演者・演目が並ぶのが当寄席の特徴です。今回も、桂春若師匠の付き合いの広さが反映された構成となりました(因みに春若師匠は近年上方落語協会の番組編成委員長も務められます)。
 喬若師の「そこつ長屋」、吉次師の「権兵衛狸」、そしてトリの染二師匠の「夢の酒」。皆さん中身は上方風にめちゃ面白く、しかもオチなどはやはり江戸テイストで洒落ている、三粒で六度おいしい、いや染二師匠のは大粒だったので十粒相当で何度もおいしく、お客様も大満足の態の一夜でした。
 後の打ち上げでの話題の一つはやはり林家一門の大御所・染丸師匠のこと。ご著書も数々ありますが、音源CDや解説ばかりでなく三味線の文化譜まで付いた「上方落語・寄席囃子の世界」は我々素人連にとってもどれほどの福音であったことか。それと、吉次師とは、眼鏡をかけて古典落語を演じることの是非についても話が及びました。五郎兵衛師匠からは何度も注意されたとのことですが、お客さんが見えずに噺をするのはつらいとのこと。後で調べてみれば、眼鏡着用派の落語家さんんも少数ながら他にもいらっしゃいます。春若師匠もどっちでもえええとのこと。これも素人連にとって福音です。>

 

◇口上(第92回「西成寄席」)

お運びありがとうございます。

 カレーという食べ物は、カタカナのメニューですが、いまや日本人の食生活に不動の地位を確立した、まさに国民食と言ってよいと思います。

 長年にわたってハウス・バーモントカレーの普及に貢献した西城秀樹さんが、残念ながら昨年お亡くなりになりました。ヒデキ死すともカレーは死せず。ま、当たり前ですけど。バーモントカレーは永遠に不滅です、知らんけど。 

(個人的にはハウスよりSB、さらにメタル印度カレー派です)

 どんな「派」やねん!

 こういう時はほったらかしにせず、ぜひ突っ込んでください。

 4行戻りますが、「知らんけど」は大阪のおばちゃんが言うぶんには何ともないんですが、字にして読むとイラっとしますね。

 え~、ことし八七歳になる母親と話をしていると、こういうとっ散らかった感じの会話になります。話があっちへ行ったりこっちへ行ったり、関連はあるんですが微妙に話の主題がずれていくというか。普段の世間話でありながら予定調和していかない不思議な感覚です。この感じ。何か笑いにつながらんもんでしょうか?

 さて、カレーの話に戻りますが、大阪では「阪急カレー」とか「インデアンカレー」など従来型のカレーに加えて、スパイスカレーというのが大変人気です。

 わたしの勤め先の中津周辺は、いわゆる「激戦区」なんやそうですが、わたしは一度入って「おいしい!」と思ったらそこばっかり行くので、有名なお店がたくさんあるのに地下鉄近くの「まるせ」にしか入ったことがありません。

 昼は基本「チキン」「ポークキーマ」「グリーン」の3種類。「合いがけ」といって注文すれば複数の組み合わせもできます。

 夜は串焼きとかタンドリーチキンとか、いろいろなメニューが登場しますが、わたしは大抵「夜の定食」という何種類かのカレーの乗ったワンプレートと生ビールを注文します。

 こんなことを書いていると頭と口の中が「カレー」になって、このかつての日活ロマンポルノの題名のようなメニューを食べたくなってきます。           

 (山)

◇第92回「西成寄席」                 (平成31年2月22日)

  •  と き   平成30年2月22日(金) 午後6時30分開演 (45分前開場)
  • ところ   西成区民センター 2階会議室 (大阪市西成区岸里1-1-50)
  • 入場料           1,300円(65歳以上・身体障がい者手帳等をお持ちの方は800円)
  • 番 組
    「犬の目」     桂 小梅
    「七度狐」     笑福亭松五
    「はてなの茶碗」 桂 春若
    <仲入り>
    「湯屋番」      桂 紅雀
    「三枚起請」   桂 花団治

    開演1時間前からお客様がお越しになり行列ができるのが通例になりました当寄席。今回も楽しみに並ばれる皆さんの姿にスタッフとしてまことに有難くやりがいを感じつつの開演となりました。
     演者も期待に応えて毎回熱演いただきますが、今回は中入り前にも松五師の「七度狐」や春若師匠の「はてなの茶碗」という比較的大きいネタが入り、全体としてたっぷり、終演が予定時刻を大幅に超える事態となりました。
     モタレでは紅雀師の体中から楽しさが発散される奔放な「湯屋番」、そしてトリには古典落語の面白さがまともにぶつかってくるような熱気の感じられる花団治師匠の「三枚起請」。いずれも「落語の神髄はギャグではない、情景描写や」という、春若師匠がよく打ち上げで口にされる言葉を地で行くものと感じました。>

    DSC_8034


› more